企業向けDropbox、グーグルID管理サービス対応--SSO可能、端末やIDを一元管理

藤代格 (編集部)

2019-04-08 06:45

 企業向けクラウドストレージ「Dropbox Business」がユーザーとデバイス、アプリを管理できるID管理サービス「Google Cloud Identity」に対応する。4月5日から利用できるという。同日、Dropbox Japanが発表した。

 Cloud Identityは、Googleのログイン情報を使用してLDAPベースのアプリケーション、ITインフラへアクセスできるサービス。オンプレミス、クラウド問わずすべてのIDとアプリを1か所で管理可能で、ハイブリッドクラウド環境で細かなセキュリティ管理ができるという。コスト削減、複雑さを軽減し、クラウド技術の取り込みをビジネス全体で促進できるとしている。

Cloud Identity概要イメージ(出典:グーグル)
Cloud Identity概要イメージ(出典:グーグル)

 IaaS/PaaS「Google Cloud Platform(GCP)」やSaaS「G Suite」などのGoogleのアプリケーション、Dropbox Businessのほか、SalesforceやSAP SuccessFactorsなど、連携するクラウドサービスへシングルサインオン(SSO)できるという。Googleのセキュリティキー 「Titan Security Key」など、多要素認証を利用したセキュリティ対策も可能。

 管理者は、アカウント消去やパスコードの自動強制などをユーザー、デバイス、アプリごとで設定できる統合コンソールを利用できる。組織におけるライフサイクルを一元管理できるとしている。

 レポートや監査機能も備えており、ログインやサードパーティーアプリの使用など、セキュリティとコンプライアンス状況を詳細に管理できるという。不審な操作もアラートとして受信できるとしている。

連動できるアプリの代表例(出典:グーグル)
連動できるアプリの代表例(出典:グーグル)

 Cloud Identityの月額利用料金は、1ユーザーあたり4ドル。13カ月後からは6ドルになるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]