編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SBペイメント、ソフト開発基盤「GitHub Enterprise」を導入

NO BUDGET

2019-04-18 15:35

 SBペイメントサービスは、自社内にサーバーを用意して社内でソースコードを管理できる「GitHub Enterprise」の導入を決定した。これを支援するマクニカネットワークスが発表した。

 SBペイメントサービスの開発チームでは、GitHub Enterpriseの導入により、、他人のリポジトリーに対してPull Requestを送ることやコンフリクトした際のマージ処理が容易になり、ウェブブラウザのソースコードをクリックするだけでビューワー上に可視化したり、ソースコードにコメントを挿入したりすることもできるようになった。

GitHub Enterpriseの運用例
GitHub Enterpriseの運用例

 SBペイメントサービスでは、グループ会社の決済業務を一手に担うとともに、顧客本位のワンストップサポートで総合的な決済サービスを展開している。新しい決済手段やサービスが登場するといち早く対応できるよう、開発の内製化を進めているが、階層やリポジトリーを組成するルールがプロジェクトごとに異なっていたため、さまざまな場所にソースコードやドキュメントが散在している状態となっていた。また、マージ作業の負担から、ブランチを切らず開発を進める傾向があり、バージョンの管理作業を人がチェックしながらソースコードに反映しなければならなかった。

 そこで開発環境を変えるためGitを導入することになり、導入や運用などの人的コストがかからないことを意識して製品の選定を進め、今回の導入に至った。同社は金融系企業としてクラウド側へソースコードを預けることに抵抗が強かったため、自社内にサーバーを用意し、社内でソースコードを管理できることが選定条件となっていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]