編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
調査

多くの人は1日5つしかアプリを使わない--スマホユーザーのアプリ利用傾向調査

Eileen Brown (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-04-29 08:30

 モバイルの利用は年々増えているが、実はユーザーの4人に3人は、1日に10個以下のアプリしか使っていない。

 スマートフォンには多くの場合、25個以上(人によっては50個以上)のモバイルアプリがインストールされているが、1日にアプリを5つ以下しか使わないユーザーも多いという。

 ニューヨーク市に拠点を置く拡張位置情報プラットフォームを提供する企業Connecthingsが最近実施した調査「State of Mobile Application Usage」(モバイルアプリ利用の現状)では、モバイルアプリを制作している企業にとって有益ないくつかのトレンドが明らかになった。

 この調査は、2018年第4四半期に、米国の人口構成を代表するよう抽出されたモバイルユーザー1034人を対象に実施された。

 半数以上のユーザー(56%)は自分は新しい技術を素早く取り込んでいると考えており、技術の取り込みが早い人には女性(17%)よりも男性(37%)の方が多かった。

 回答者の半数は、モバイルデバイスに25個以下のアプリしかインストールしていないと答えている。また、デバイスに100個以上のアプリがインストールされていると答えたのは、全体の4%に過ぎなかった。

インストールされているアプリの数
提供:Connecthings

 多くの回答者は1日に使うアプリの数は少数だと答えたが、スマートフォンにインストールされているアプリの数を考えればそれも不思議ではない。また5人に4人以上(84%)は、1日に使うアプリの数は10個以下だと回答した。

 興味深いことに、Z世代(米国で1990年代半ばから2000年代前半に生まれた世代)は極端なモバイルアプリの利用傾向を示している。この世代の5人に2人(42%)は1日に5つ以下のアプリしか使っていないが、14%は1日に20個以上のアプリを使用していた。この数字は、ほかのすべての世代を合わせたよりも多い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]