編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

データセンターの冷やし方も“デル流”--冷却システムの取り組み

大河原克行

2019-05-27 06:00

 デルはこのほど、水冷をはじめとする同社が提案するデータセンター向け冷却システムについて説明した。同社の冷却システムは、複数のサードパーティーの製品を活用しているのが特徴で、それによって幅広い提案を可能にしているという。

デル インフラストラクチャー・ソリューション事業統括 システム周辺機器部 シニアプロダクトマネージャーの水口浩之氏
デル インフラストラクチャー・ソリューション事業統括 システム周辺機器部 シニアプロダクトマネージャーの水口浩之氏

 インフラストラクチャー・ソリューション事業統括 システム周辺機器部 シニアプロダクトマネージャーの水口浩之氏は、「デルが提案する冷却システムは現在、利用している一般的なラックに水冷サーバーを搭載できる仕組みとなっている。そのため、演算処理の高速化が求められるAI(人工知能)や機械学習といった用途における、高熱化といった課題に対しても対策を図ることができ、アクセラレーテッドシステムの導入のハードルを低くすることができる。さらに、水冷システムの保守までを含めた安心できる提案にも強みがある」と話す。

 同社で冷却システムを取り扱っているのは、インフラストラクチャー・ソリューション事業のシステム周辺機器部であり、自社製品だけでなく、他社とのパートナーシップにより、顧客に最適なトータルソリューションを提供する役割を果たしている。「グローバルでのパートナー契約に加えて、日本で必要とされるサードパーティー製ハードウェア、ソフトウェアについても独自にパートナーシップを結び、ローカルでの対応も図っている」という。

デルのエコシステム
デルのエコシステム

 システム周辺機器部では、シュナイダーエレクトリックやCool ITシステム、Motivairの冷却システム製品を取り扱っており、ユーザーの利用環境に最適化した冷却ソリューションを提供する。これによって、計算ノードとデータセンターの効率化を水冷で実現し、昨今注目を集めるアクセラレーティドコンピューティングについても、冷却技術の観点から優位性を発揮できると強調する。

ポイントになる水冷技術
ポイントになる水冷技術

 例えば、4Uラックマウントが可能なCool IT製の水冷サーバー「CHx86」では、ラックに搭載したマニフォールドからサーバー向けの冷却水を供給する。発熱が多いCPU部に、ヒートシンクの代わりに配置した水が循環するコールドプレートを配置。コールドプレート上の冷却水分配回路、マイクロ冷却水回路、冷却水回路を冷却水が通り、高効率で冷却するという。

 これにより、「CHx86」では80キロワットまでの冷却が可能だという。また、大規模システム向けのラックタイプ「CHx750」では、750キロワットまでの冷却が可能になる。「コールドプレートを工場出荷時点で組み込んでおり、1シャーシ・4ノードのPowerEdge C6420では、同サーバーの2059ワットの発熱量に対して、約60%近くとなる約1200ワットでの冷却ができる」とのことだ。

「CHx750」システムにおける冷却
「CHx750」システムにおける冷却

 CHx750では、ポンプやポンプインバーターなどの主要な部分においては、冗長性に優れた構成としており、高い信頼性が求められるデータセンターなどでの利用にも対応する。「冗長化内部構成によって安定稼働を実現するとともに、保守サービス中もダウンタイムが発生しない」とする。さらに、「冷却水を供給するマニフォールドは、ラックに取り付けるだけで配管できるクイックコネクトシステムを採用する。作業のためにパイプを抜き差ししても、水が漏れない仕組みになっており、設置性やメンテナンス性が高い」としている。

 また同社では、システム全体で共通の冷水が利用できる空調機としてシュナイダーエレクトリックの「InRow Chilled Water ACRC301H」を提案する。一般的に水冷装置では、冷蔵庫で冷やした水よりも冷たい7度前後の冷水を使用するというが、同製品では15度の冷水で冷却。戻り空気が37度の時に33キロワットの冷却能力を発揮し、最大でも1.9キロワットの消費電力で済むという。「高い冷水温度で冷却できるため、他社製品よりも省エネ効果が大きい。競合他社の製品に比べても2.9倍の高効率を実現している」と胸を張る。

「InRow Chilled Water ACRC301H」の概要
「InRow Chilled Water ACRC301H」の概要

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]