ハイパーコンバージドインフラとは?

「オープンメインフレーム」とも言う。オープン系システムは、サーバやストレージ、OS、ミドルウェアなどコンポーネントごとに導入して構築する。自由に選べるというメリットはあるものの、複雑性というデメリットがつきまとっていた。システムの目的や機能、性能にあったものかどうかを事前に検証する必要があり、運用段階でも手間とコストがかかる。そうしたことから、システムとして事前に構築された製品として導入できるというメリットから垂直統合型に注目が集まっている。具体的にオラクルの「Engineered Systems」、IBMの「PureSystems」、VCEの「Vblock」など。日立製作所や富士通などの国内ベンダーも2012年末から投入を始めた。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  4. 4 Windows 10

    Microsoftが提供するOS「Windows」シリーズの最新版。2014年9月に発表し、2015年7月29日にリリースされた。
    (続きを読む)

  5. 5 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  6. 6 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  7. 7 de:code

    日本マイクロソフトが開催する開発者向けの年次カンファレンス。4回目となる2017年は、5月23~24日の2日間にわたり開催され、AIやIoT...(続きを読む)

  8. 8 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

  9. 9 Linux

     Linuxとは、1991年にフィンランドのLinus Torvalds氏が開発した、UNIX互換のOSである。Linuxとはカーネル...(続きを読む)

  10. 10 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

注目のキーワード

Virtual Hard Disk(VHD)
仮想ハードディスクを表すファイル形式。Microsoftなどが特定仮想マシン(ゲストOSやチャイルドOS、アプ...
続きを読む
スクラム
アジャイル開発の手法の1つ。反復的開発方式の1つで、ソフトウェアプロジェクトの管理に使用される。ス...
続きを読む
CRM
Customer Relationship Managementの略。ソフトウェアを利用して、顧客との関係を良好なものにし、自社...
続きを読む
スコープ変更管理
プロジェクト管理用語。スコープ変更管理の目的は、承認済みのスコープの文章や要件に対する変更を管理...
続きを読む
取締役会
株主によって選ばれた影響力を持つ個人の集まりで、企業の業務を監視する。取締役会には投資家や指導者...
続きを読む

キーワード解説とは