CASBからクラウドセキュリティー基盤に--ネットスコープが新サービス

渡邉利和 2019年05月30日 09時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ネットスコープジャパンは5月29日、新たなワンストップクラウドセキュリティーソリューション「ONE Cloudセキュリティプラットフォーム」の国内提供を開始すると発表した。併せて同社の国内7社目のパートナーとして伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と販売代理店契約を締結したことも発表した。

米Netskope 創設者 兼 チーフサイエンティストのKrishna Narayanaswamy氏
米Netskope 創設者 兼 チーフサイエンティストのKrishna Narayanaswamy氏

 まず同社のソリューションの概要について米Netskope 創設者兼チーフサイエンティストのKrishna Narayanaswamy氏が説明した。同氏は、旧来の自社データセンターとインターネットの間にセキュリティー境界を設けて内部と外部を区別し、内部を防御するというセキュリティーアーキテクチャーがクラウド時代には通用しなくなっている点を指摘した。

 重要なデータやアプリケーションがクラウドに置かれている状況では、かつての様なセキュリティー境界を設定することは困難だ。そこで同社が採った戦略が、クラウド上にセキュリティーをサービスとして実装することであり、「Netskope ONE Cloud」として提供する。Netskope ONE Cloudは、従来のCASB(Cloud Access Security Broker)としての機能にとどまらず、IaaSの可視化や制御、ウェブフィルタリングなどのウェブプロキシ機能も備えることから、同社ではNetskope ONE Cloudを「ONE Cloudセキュリティプラットフォーム」と位置付けている。

Netskope ONE Cloudの概要
Netskope ONE Cloudの概要

 また同氏は、同社の技術面での特徴として「Cloud XD Technology」を挙げた。XDは。「Extreme Definition」の意味だといい、端末からクラウドへのアクセスについて、「ユーザーが誰なのか」「ユーザーがいる場所(オフィスなのか空港なのか――など)」「アクセスに使用しているデバイスは業務用か個人所有か」「アクセス先のアプリケーション/サービスは何か」「アクセスしようとしているデータは機密データか否か」「何をしようとしているか(アップロード/ダウンロード/編集など)」といった詳細を把握した上で、それぞれの状況に応じて適切なポリシーを適用して、アクセスコントロールができるとした。

Cloud XD(Extreme Definition)が認識する要素
Cloud XD(Extreme Definition)が認識する要素

 次に、Netskope グローバル・セールス担当上級副社長のChris Andrewsは日本市場に向けたメッセージとして、日本での展開を優先しているとした。同氏は、日本の市場規模がセキュリティー分野ではグローバルで2位もしくは3位で、クラウドの普及率も急速に高まりつつあるとし、「今が日本に展開すべき時期だと判断して日本にオフィスを開設した」と語った。

 最後に、ネットスコープジャパン カントリーマネージャーの大黒甚一郎氏が、日本でのビジネス状況について説明。日本では完全はパートナーモデルで事業を行うとし、パートナーには単なる再販事業者ではなく、同社のビジョンやキーメッセージを正しく顧客に伝えられることなどを求めていると明かした。現在同社の国内販売代理店は7社体制だが、同氏は「量より質が大事」「いったんのパートナー制度は完成」と語っており、現時点ではこれ以上パートナーを拡大していくことは考えていないとしている。

 なお、ONE Cloudセキュリティプラットフォームは、「Netskope for SaaS」「Netskope for Web」「Netskope for IaaS」の3つのライセンスで構成される。「for SaaS」は一般的なCASBに相当する機能で、参考価格は1万5000円(1ユーザー/年間サブスクリプション)。「for Web」はウェブフィルタリング機能で、業務に無関係なサイトや有害なサイトへのアクセスをサイト/カテゴリごとに指定して制限できる。参考価格は6000円(同)。「for IaaS」はAmazon Web ServicesやGoogle Cloud Platform、Microsoft AzureといったパブリッククラウドのIaaSリソースを横断的に監視し、セキュリティレベルの把握/向上を可能とする。参考価格は2万円(同)となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]