企業買収

パロアルトネットワークス、クラウドセキュリティのスタートアップRedLockを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-04 10:15

 Palo Alto NetworksがクラウドセキュリティのスタートアップRedLockを1億7300万ドル(約198億円)で買収することを米国時間10月3日に発表した。Palo Alto Networksによると、買収の狙いは、クラウドでのコンプライアンス確保のための機能とセキュリティアナリティクスを統合し、SecOpsチームやDevOpsチームを支援することだという。

 RedLockは、アセットディスカバリや脅威を自動的に検出して修正するツールで最もよく知られている。Palo Alto Networksはこれらの機能を自社のクラウドセキュリティ製品群に追加し、3月にEvident.ioの買収を通して手に入れた同様のツールセットと組み合わせる予定だ。それによって完成するポートフォリオは、クラウドセキュリティアナリティクス、高度な脅威検出、リアルタイム修復、コンプライアンス監視を一元的に提供する、と同社は述べた。

 Palo Alto Networksの最高経営責任者(CEO)のNikesh Arora氏は、「RedLockのテクノロジを当社のクラウドセキュリティ製品に追加できることに興奮を覚えている。同社のテクノロジを手に入れたことで、われわれは『Amazon Web Services』や『Google Cloud Platform』『Microsoft Azure」などを含むマルチクラウド環境向けに非常に包括的なセキュリティを提供し、今後のクラウド戦略を大幅に強化することができる」と述べた。

 Palo Alto NetworksがArora氏の指揮下で企業を買収するのは、今回が初めてだ。ソフトバンクの元最高執行責任者(COO)であるArora氏は6月、2011年よりCEOを務めてきたMark McLaughlin氏の後任に就任した。McLaughlin氏は取締役会のバイスチェアマンに就任した。

 Arora氏は2014年よりソフトバンクのCOO兼プレジデントを務めたが、2016年に高額の報酬を株主から批判されるなかで辞任した。ソフトバンクの幹部就任前には、Googleで最高ビジネス責任者を務めた。Palo Altoは同氏について、「Googleの検索事業の売り上げが20億ドルから600億ドルに成長する中で重要な役割を果たした」と評した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]