調査

カスタマーサービスの顧客満足度が世界で落ち込み--Zendesk調査

NO BUDGET

2019-05-31 13:46

 Zendeskは5月29日、「Zendeskカスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版」を発表した。これによると、カスタマーサービスに対する顧客満足度は世界的に落ち込んでいることが明らかになった。

 Zendeskは、カスタマーサービスを支援するソフトウェアをSaaS形式で提供する企業。カスタマーサポートの基盤として顧客とのやりとりを一元管理する「Zendesk Support」などを提供する。

 同レポートは、同社の顧客企業4万5000社のデータをもとにした「Zendeskベンチマーク」と、カスタマーサポートのマネージャーとエージェントに加え、オーストラリア、ブラジル、カナダ、ドイツ、英国、米国の顧客を対象としたアンケート結果をまとめて作成された。

 カスタマーサービスに対する顧客満足度は、2014年の94.6%から2018年には92.5%となった。過去1年間ではおよそ1ポイント低下したという。日本では2014年から平均92%台を推移していたものの、2018年には90%台に低下している。一方で、顧客の期待は継続して高まっており、調査の対象となった全世界の顧客のうち、およそ半数(46%)が前年と比べて企業に対する期待が高まっていると回答している。

 また、同レポートによると、40%の顧客がカスタマーサポートに問い合わせる前にナレッジベースまたはヘルプセンターを使用することを望んでいるが、セルフサービスを提供している企業はわずか20%にとどまっている。さらにプロアクティブ対応を実施しているサポートチームの30%が販売およびマーケティングに同対応を活用しており、約9割という顧客の大半が、プロアクティブなアプローチを採用する企業を好意的または中立的に見ていると回答している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]