編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

社内システムからクラウドへのセキュアな接続を工夫--住信SBIネット銀行

NO BUDGET

2019-06-27 16:35

 住信SBIネット銀行は、エクイニクスの「IBX(International Business Exchange)」データセンターとインターコネクションサービスを利用して、セキュアなクラウド接続を短期間で実現し、全てのデータ通信の暗号化など高いネットワークセキュリティを確保した。エクイニクスが発表した。

 同行は、2020年3月を目標にオンプレミスシステムからクラウドサービスへの移行を進めている。対照には商用系とオフィスオートメーション(OA)系の2つのシステム群があるが、商用系システムについては、エクイニクスのIBXデータセンター内で短期間でクラウドサービスへの接続を完了している。またOA系はエクイニクスのSDNベースの接続サービス「ECX Fabric」を活用し、ユーザーポータルサイトからの簡易な操作で、クラウドサービスへのオンデマンド接続をできるようにしている。

 同行では、東京と大阪の2拠点のIBXデータセンターを利用する。稼働率99.9999%の高い可用性と信頼性を備えたIBXデータセンターにシステムを分散配置することにより、どちらかの地域で未曾有の自然災害が発生した場合でも、他方のシステムへ自動的に切り替えることができる。

 また商用系システムはAmazon Web Services(AWS)、OA系はMicrosoft AzureとOffice365への接続を必要としていたが、今回、AWSへはIBXデータセンター内で顧客間双方をポイントツーポイント接続するケーブルリンクである「Cross Connect」を利用してダイレクト接続し、またMicrosoft AzureならびにOffice365へは、ECX Fabricを利用してオンデマンドのダイレクト接続を実現した。これにより、パブリックインターネットやWANを経由しないセキュアなクラウド接続が実現した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]