編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
海外コメンタリー

AIや量子コンピューティング、5Gの進展で増す脅威--ユーロポールが警告

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-07-29 06:30

 欧州刑事警察機構(Europol)は「Do criminals dream of electric sheep: How technology shapes the future of crime and law enforcement」(犯罪者は電気羊の夢を見るか?:テクノロジーが将来的に犯罪と司法当局にもたらす変化)と題したレポートのなかで、犯罪者によって近い将来にもたらされる脅威に対応できるよう、司法当局は現段階で革新的かつ積極的な行動を起こす必要があると警告している。

 人工知能(AI)や量子コンピューティング、5G、IoTの興隆は、サイバー犯罪者によって悪用された場合にその脅威を増大させる可能性のある新興テクノロジーのほんの一部であり、司法当局は市民の安全維持に向けて迅速にイノベーションを推進する必要があると同レポートは述べている。

 Philip K. DickのSF小説「Do Androids Dream of Electric Sheep?」(アンドロイドは電気羊の夢を見るか?)にちなんだ題名のこのレポートでは、新興テクノロジーがサイバー犯罪にもたらす可能性のある影響が考察されている。

 また同レポートでは、サイバー犯罪と戦ううえで司法当局自らが新興テクノロジーを活用していけるはずだと述べられている。例えば、システムやデバイスのセキュリティ強化に向けて司法当局が活用できるテクノロジーとしてAIについて詳細に語られている。

 その一方、ハッカーらはAIを利用して悪意のある電子メールや応答を標的に応じて手直ししたり、格好の標的を見つけ出したりすることでフィッシング攻撃の成功確率をさらに高めるといった、悪意あるアクティビティを実行するための新たな攻撃ベクターを手に入れる可能性もあると警告されている。

 またAIの普及によって、専門知識に乏しい脅威アクターによる洗練されたキャンペーンの展開が格段に容易になるという。その影響が表れかねないとEuropolが懸念している領域にディープフェイクや偽情報がある。同レポートは「犯罪者らは組織に対して詐欺を実行するために、標的となる組織の幹部に虚偽の発言をさせるディープフェイク動画を既に利用しているとの報告がある」と警告してすらいる。

 量子コンピューティングもまた、欧州市民のサイバーセキュリティに対する潜在的なリスクとして挙げられている。専門家らは、量子コンピューティングがシステムのセキュリティ向上に役立つ可能性を指摘している一方で、Europolはこのテクノロジーが悪人の手にわたる可能性もあり、そうなった場合にはシステムで現在標準的に用いられている暗号化手法を破るために悪用できると警告している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]