編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日本はビッグデータの基盤整備が進む--デルのコンサルティング事情

ZDNet Japan Staff

2019-08-27 06:00

 Dell Technologies(デルおよびEMCジャパン)は8月23日、コンサルティングサービス事業の現状について説明した。国内企業では、ビジネスでのデータ活用を目的にした基盤整備が多いという。

EMCジャパン 執行役員 コンサルティング事業本部長の松原健一郎氏
EMCジャパン 執行役員 コンサルティング事業本部長の松原健一郎氏

 EMCジャパン 執行役員 コンサルティング事業本部長の松原健一郎氏によると、同事業は2000年代に始まり、EMCのストレージ製品の最適利用を支援するプロジェクトが中心だった。以降はサーバーの仮想化やマルチクラウド利用への対応支援に拡大、20年間で1000件超のプロジェクトを手掛けてきたという。

 現在はグローバルで約2000人が同事業に関わり、国内では85人強のコンサルタントがプロジェクトテーマに応じた5つのチームに分かれて活動する。「Dell Technologiesグループは広範な製品やサービスのポートフォリオを持つが、コンサルティング事業は製品部門から完全に独立してサービスを提供している。自前の技術を活用しつつ、顧客が目指すゴールへの支援に注力している」(松原氏)

 コンサルティングサービスでは、ITインフラストラクチャー、働き方改革、アプリケーションの3つの領域を中心に、グローバルのリソースも活用してプロジェクトを推進していく「Transformation Program Office」を組み合わせたサービスを行っている。ITインフラストラクチャー関連は、マルチクラウド化の進め方やデータセンターの刷新、事業継続や災害復旧などがプロジェクト案件になるという。働き方改革では、仮想デスクトップ基盤(VDI)やクラウドアプリケーションの導入支援など技術的なサポートが中心であるものの、「ペルソナを定義し、従業員の多様な働き方を実現していく環境作りに取り組んでいる」(松原氏)とのことだ。

 欧米と日本では、コンサルティングサービスに対する顧客企業のニーズの傾向で多少の違いが見られるというが、国内ではアプリケーション領域に関する案件において、特にビッグデータ基盤を整備したいとのニーズが高いという。

 「顧客企業の多くがデータアナリティクスを実行していくことを目的にビッグデータ基盤の整備を希望している。例えば最近では、単にデータウェアハウス(DWH)をリプレースするのではなく、スケールアウト型のアーキテクチャーを取り入れて“データレイク”に刷新する案件が目立つ。既存のデータベース利用を継続することに限定せず、われわれのパートナーであるMicrosoftのソリューションやその他のデータベースを検討することもある」(松原氏)

ビッグデータ基盤整備プロジェクトの一例
ビッグデータ基盤整備プロジェクトの一例

 メーカー系のコンサルティングサービスでは自社製品を売り込みがちだが、同氏は自社製品の導入にこだわらず、投資効果にも踏み込んだ顧客の支援が特徴になると強調した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]