編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立、データ前処理を効率化する新サービス--データの仕様や欠損値をAIが提案

ZDNet Japan Staff

2019-10-02 17:40

 日立製作所は10月2日、データを分析・活用するための準備作業である「データ前処理」を、人工知能(AI)で効率化する「Data Preparation Service」の提供を開始した。従来は人手で多くの工数を要していたデータの整形・加工作業を高度化する。価格は個別見積もり。

 近年、業務データをはじめ、さまざまなIoT機器やセンサーから得られた異種混合なデータをビジネスに活用する機運が高まっている。しかし、現場で生成されるデータには項目の定義情報がないことや同種のデータがシステムごとに異なる名前で管理されることも多いため、実際に分析や活用を行うには、データの仕様把握や形式統一、類似データの統合などの前処理が不可欠になる。

 Data Preparation Serviceは、ユーザー企業やプロジェクトごとの専用の環境に投入されたデータの項目名や欠損値、データ間の関連性などを提案する機能を備え、データの理解に必要となるさまざまな情報を解析し、直感的かつグラフィカルに提示することができる。

 また、データの加工方法を登録・共有する機能も搭載し、欠損値の補完や異常値・重複データの排除といった専門性の高い加工作業を手軽に検証できるほか、検証した前処理ロジックをETLツールに連携し、シームレスに実運用に移行できるようにしている。

Data Preparation Serviceの概要(提供:日立製作所)
Data Preparation Serviceの概要(提供:日立製作所)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]