編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
調査

オラクルの「職場におけるAI」調査--64%がマネージャーよりロボットを信頼

NO BUDGET

2019-10-24 06:00

 日本オラクルは、「職場におけるAI(人工知能)」に関する2回目の年次調査の結果を発表した。同調査によると、64%の回答者がマネージャーよりもロボットを信頼し、そのうち半数はマネージャーよりもロボットにアドバイスを求めることが分かった。

 同調査は世界10カ国(米国、英国、フランス、中国、インド、オーストラリア/ニュージーランド、シンガポール、UAE、ブラジル、日本)の従業員、マネージャー、人事部門リーダー合計8370人を対象としたもので2019年7~8月の期間で実施された。

 2018年の調査では、職場で何らかの形でAIを利用していると回答した従業員は32%だったが、2019年は50%だった。中国(77%)やインド(78%)の従業員は、フランス(32%)や日本(29%)の従業員の2倍以上AIを受け入れている。

 マネージャーよりもロボットを信頼しているのは、インド(89%)と中国(88%)の従業員で、シンガポール(83%)、ブラジル(78%)、日本(76%)、UAE(74%)、オーストラリア/ニュージーランド(58%)、米国(57%)、フランス(56%)、英国(54%)と続いている。

 回答者の82%は、マネージャーよりもロボットの方が物事をうまくこなすと考えており、何が優れているのかという問いに対しては、偏見のない情報の提供(26%)、作業スケジュールの維持(34%)、問題解決(29%)、予算管理(26%)という回答が挙がった。

 逆にマネージャーはロボットよりも何が優れているのかを質問したところ、従業員の感情の理解(45%)、従業員の指導(33%)、職場文化の創出(29%)という回答が上位3つを占めた。

 一方、従業員の76%と人事リーダーの81%は、職場での技術変化のペースに対応していくのが大変だと感じており、職場でAIの利用から従業員を遠ざけている一番の理由は、セキュリティ(31%)とプライバシー(30%)だとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]