編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NECがAI活用基盤を強化、環境構築やモデル評価支援を拡充

ZDNet Japan Staff

2019-10-31 14:56

 NECは10月31日、AI(人工知能)活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Platform(AAPF)」でAI環境の構築機能と分析モデルの評価支援機能を強化したと発表した。

 今回の施策では、AAPFにKubernetesのアーキテクチャーを採用し、時系列やテキスト、画像の分析など利用目的に応じたAI環境を柔軟に構築できるプラットフォームにしたという。このプラットフォームを2020年1月から提供する。また、分析モデルの評価支援機能として「NEC Advanced Analytics Platform Modeler」を2020年4月から提供する。AIの円滑な業務適用を実現するといい、業務に適用できる分析モデルをより迅速に作成できるようになるとしている。

「NEC Advanced Analytics Platform Modeler」の概要(出典:NEC)
「NEC Advanced Analytics Platform Modeler」の概要(出典:NEC)

 AI環境の構築に関しては、AIの用途に合わせた標準的な環境構成をコンテナーのイメージとしてあらかじめ用意し、データサイエンティストが環境構成の種類を選択するだけで分析を始められるようにする。分析モデルの評価では、AAPF Modelerのウェブユーザーインターフェースを使って、データサイエンティストと業務の専門家が分析モデルを動的に評価でき、評価期間を最大50%削減するという。

 加えて、AAPF利用時におけるリソース割り当ての制御も可能になった。従来はAIの構成環境によってリソースの予約や上限設定を必要としたが、例えば、ユーザー単位で必要最低限のリソースを確保しておきAI人材育成のための環境として多人数で利用することができるという。同社グループの場合では常時4500人以上に提供しているという。

 AAPFは、同社のAI技術群の中から「異種混合学習」「RAPID機械学習」「テキスト含意認識」の各機能を使ってAIの活用を支援するものになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]