Teamsの自動インストールを明言--「Office 365」更新動向【1910版】

阿久津良和

2019-11-07 06:45

PDF作成前にアクセシビリティチェックを

 Microsoftが米国時間10月30日に更新した、Office 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによればバージョン1910(ビルド12130.20272)へ更新したWindowsデスクトップ版は、Word、Excel、PowerPoint、Outlookの秘密度ラベルを標準搭載した。

 セキュリティ/コンプライアンスセンターからポリシー情報を取得してラベル設定を解釈し、マーキングを適用やドキュメントを暗号化するため、Microsoft Information Protection SDKに基づくコードを含んだことになる。同機能を使用するには、Office 365 E3/E5ライセンスを所有し、システム管理者による機能の有効化とAzure Information Protectionを削除しなければならない。筆者はOffice 365 Businessライセンスのため、詳細は公式ドキュメントを参照してほしい。

 WordやExcel、PowerPointには、ドキュメントをPDFとして保存(エクスポート)する際に、アクセシビリティを調べるオプションが加わった。同機能は以前からWindowsデスクトップ版が備えるアクセシビリティチェック機能を実行することで、目次やハイパーリンクなど可読性の高いPDFファイルを作成することを目的としている。昨今のドキュメント閲覧環境はPCに限らず、スマートフォンやタブレットを使う場面も少なくない。このような背景から同機能を実装したのだろう。

「アクセシビリティを調べる」ボタンをクリックすると、アプリケーションに戻り、アクセシビリティチェック機能を実行する
「アクセシビリティを調べる」ボタンをクリックすると、アプリケーションに戻り、アクセシビリティチェック機能を実行する

 単独の更新を見るとWordには、変更履歴を含むドキュメントの共同編集時にパフォーマンスダウンが発生していた問題を修正し、3Dオブジェクトモデル挿入時にドキュメントが破損する問題を修正した。Outlookには新バージョンで修正したエラーが発生した際、ユーザーに修正プログラムの適用をうながすメッセージが現れるようになった。

 Windowsデスクトップ版Office 365自体の変更点として、Microsoft Teamsクライアントがインストール対象に含まれている。月次チャネルや半期チャネル(対象指定)は3月、半期チャネルは7月から始まった変更だが、リリースノートで明言したのは今回が初めてだ。

 Office Deployment Toolを使っているシステム管理者は「configuration.xml」に「<ExcludeApp ID="Teams" />」の一文を加えることで、Microsoft Teamsのインストールを抑止できる。詳しくは公式ドキュメントを参照してほしい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]