編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

図形を手描き風に変換する機能を搭載--「Office 365」更新動向【1908版】

阿久津良和

2019-09-03 06:45

垂直水平をサポートするXLOOKUPを追加へ

 Microsoftが米国時間8月26日に更新した、Office 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによればバージョン1908(ビルド11929.20254)へ更新したWindowsデスクトップ版は、ドキュメントにアイコンを挿入するダイアログに検索ボックスを追加した。同機能はWordやExcel、PowerPoint、Outlookで確認できる。Officeアイコンの再設計範囲も拡大した。

各アイコンにキーワードが割り当てられ、任意のキーワードでアイコンを検索できる。たとえば「H」と入力すると「Microsoft HoloLens」のアイコン、「犬」なら犬のアイコンを素早く呼び出せる
各アイコンにキーワードが割り当てられ、任意のキーワードでアイコンを検索できる。たとえば「H」と入力すると「Microsoft HoloLens」のアイコン、「犬」なら犬のアイコンを素早く呼び出せる

 Word、Excel、PowerPointに共通する新機能として、ドキュメント上の図形を手描き風の線に置き換えるスケッチ機能が加わった。また、Excelには共同編集で加えられたコメントを展開して、可読性を高めている。Outlookには、会議予定を登録する際に会議室を提案する機能が加わった。

図形を描くか挿入した後、「図形の書式設定」タブ の「図形の枠線」→「スケッチ」と選択することで、挿入/描いた図形を手描き風に変換できる
図形を描くか挿入した後、「図形の書式設定」タブ の「図形の枠線」→「スケッチ」と選択することで、挿入/描いた図形を手描き風に変換できる

 バージョン1908とは直接関係ないが、公式ブログによれば、Outlook REST APIとOffice Discovery Endpoint APIの廃止が11月1日に予定されている。背景には各APIとMicrosoft Graph APIの間にある非互換性問題があり、今後はMicrosoft Graph APIを基盤としたコネクターが提供される予定だ。Microsoft FlowとPowerAppsを業務利用している方は注意してほしい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]