編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

シスコとマイクロソフトが提携拡大--SD-WANとAzureの接続性強化

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-11-06 12:27

 Cisco SystemsとMicrosoftは米国時間11月5日、クラウドベースのアプリへのネットワーク接続に関する提携を拡大する計画を発表した。両社はCiscoの「Cisco SD-WAN」をMicrosoftの「Azure Virtual WAN」や「Office 365」と連携させる。これにより、顧客企業の支店や営業所からのMicrosoftのクラウドへの接続性を向上するとともに、Office 365におけるエクスペリエンスを最適化できるという。

 Ciscoは2018年、同社のSD-WANとOffice 365の間における接続性の向上により、アプリケーションのパフォーマンスが最大40%向上したと発表していた。SD-WANが最適な経路を選択することで、Office 365のトラフィックは多くのケースで企業のデータセンターを経由せずに、顧客のいる場所から最寄りのMicrosoftのネットワーク拠点(PoP)まで直接送り届けられるようになる。

 両社は「Microsoft Azure」上でホストされているCiscoのSD-WANを利用し、IT部門が支店/営業所とAzure Virtual WANを直接接続できるようにする新機能を開発する計画だという。また、SD-WANとOffice 365の連携を強化し、ネットワーク経路の効率向上にも取り組むという。

 MicrosoftのAzure Networking担当コーポレートバイスプレジデントYousef Khalidi氏は、今回の発表で「組織がソフトウェア定義WANによって自らのネットワークをモダナイズし、クラウドベースのデジタル変革を支援していくなか、MicrosoftはCiscoのSD-WANとAzure Virtual WAN、Office 365の連携に向け、Ciscoとのより緊密なパートナーシップの締結を発表できることに喜びを感じている」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]