AWS、「Amazon EC2」に新たな割引モデル「Savings Plans」を導入

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-11-08 10:23

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月6日、AWSのコンピュートサービス群に対する新たな価格オプションを発表した。「Savings Plans」という簡潔な名称のこのオプションは、1年間、あるいは3年間で利用するコンピュート能力を顧客がコミットしておくことで、「リザーブドインスタンス」並みの割引きが提供されるという柔軟な価格モデルとなっている。

 Savings Plansには2つの選択肢が用意されている。AWSによると、「Compute Savings Plans」(コンピュート用「Savings Plans」)は高い柔軟性を備えており、最大66%のコスト削減を顧客にもたらせるという。また、「EC2 Instance Savings Plans」(EC2インスタンス用の「Savings Plans」)は単一リージョン内の特定インスタンスファミリーに適用されるものであり、最大72%の割引きが提供されるという。

 AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Bar氏はブログ投稿で、「あらゆる種類のコンピュート利用に対してOn Demand(オンデマンド)の価格と(より安価な)Savings Plansの価格が用意されている」と述べ、「1時間あたりの具体的なコンピュート使用量をコミットしておけば、その使用量に達するまでの利用はすべてSavings Plansの対象となり、超過分はOn Demandの価格体系に基づいて課金されるようになる」と続けている。

 Savings Plansは中国以外の全てのリージョンで提供されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]