編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
松岡功の一言もの申す

SAPとマイクロソフトの提携強化は何を意味するのか

松岡功

2019-11-07 09:49

 SAPとMicrosoftが先頃、クラウド関連事業で提携を強化した。目新しい組み合わせではないが、その中身を見るとなかなか興味深く、今後のエンタープライズ市場の勢力争いに影響を及ぼす可能性も。今回の動きは果たして何を意味するのか。

Azure上でS/4HANAおよびSCPを提供

 両社の発表によると、今回の提携強化により、Microsoftのクラウド基盤サービス「Microsoft Azure」上でSAPの最新ERP「SAP S/4HANA」およびPaaS「SAP Cloud Platform(SCP)」を提供するための活動を両社で協力して行っていくとしている。

 現在、オンプレミス環境で旧バージョンのERPを使っているSAPユーザーに対し、そのワークロードをAzureへ移行する支援については、かねて両社で進めてきた。

 今回は旧来のERPのサポートをSAPが2025年で終了することから、最新バージョンであるS/4HANAへの移行を両社および両社のパートナーであるSIer(システムインテグレーター)が連携して一段と促進していこうというのが狙いだ。

 こうした新たな取り組みの中で、MicrosoftはSCPのコンポーネントをAzure上で再販する形になる。パブリッククラウドサービス事業者がSCPを再販するのは、Microsoftが初めてとなる。

 SAPのJennifer Morgan 共同CEOは今回の発表に際し、「両社の提携強化は、ひとえにお客さまがクラウド上のS/4HANAに移行される際の複雑さを軽減し、コストを最小限に抑えることを目的としたものである」とコメント。

 MicrosoftのJudson Althoff ワールドワイドコマーシャルビジネス担当エグゼクティブバイスプレジデントも、「Azureを“優先クラウド”としたSAPの選択は、両社の関係を差別化された形で深めるものである」との見解を示した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]