編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

GitHubがモバイルアプリ発表--「GitHub Actions」は正式リリース

Stephanie Condon (ZDNet.com) 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-11-14 16:15

 GitHubは米国時間11月13日、サンフランシスコで開催中のユーザーカンファレンスGitHub Universeで、開発者の作業を効率化し、オープンソースコミュニティを支援するための新機能や既存機能の拡充を発表した。新しいモバイルアプリケーション「GitHub for mobile」が発表されたほか、ワークフローを自動化する「GitHub Actions」が正式リリースとなった。

 新しいGitHub for mobileを利用すれば、開発者は、送られてくる通知の管理やコードレビュー、プルリクエストのマージ、フィードバックの共有といった作業を処理できる。GitHub for mobileは「iOS」向けのベータ版として提供され、「Android」版も近く登場する。

 GitHubは、開発者がモバイル機器でコードを作成するとは考えていないが、デジタル製品の構築は、移動中に起こりうるコラボレーションのようなもので決まることも多い。GitHubのエンジニアリング担当バイスプレジデントのDana Lawson氏は米ZDNetに対し、そのように話した。

 GitHubは、GitHub for mobileとともに、新しい通知のエクスペリエンスでそうした共同作業を改善しようとしている。通知メールを送りつけるのではなく、自社プラットフォームに直接、受信トレー風のユーザーインターフェース(UI)を設置する。ユーザーはカスタムのフィルターを設定することもできる。

 新しい通知機能は現在、GitHub for mobileのユーザー向けにベータ提供されている。今後数カ月でGitHub.comの全ユーザーに段階的にロールアウトされる。

 またGitHubは、GitHub Actionsと「GitHub Packages」の一般提供(GA)を発表している。いずれも、すべての開発者アカウントの一部となり、利用時間やストレージ使用量、データ転送量に関係なく利用できる。また、すべてのパブリックレポジトリーで無料で利用できる。

 GitHub Actionsは、2018年にベータ版が公開され、現在コミュニティの開発したワークフローが「GitHub Marketplace」で1200以上提供されている。

 GitHubは、セルフホストランナーやアーティファクトキャッシング、「Raspberry Pi」などのARMベースのアーキテクチャーでGitHub Actionsを実行する機能も無料で利用できるようにする。

 GitHub Packagesは、パブリックパッケージやプライベートパッケージをソースコードと一緒に公開しやすくするパッケージ管理サービスだ。ベータ版の導入以来、3万件を超えるパッケージがアップロードされている。

 またGitHubは、オープンソースコミュニティを支援する「GitHub Sponsors」の対象をプロジェクトにも拡大することも発表した。5月に発表されたGitHub Sponsorsは当初、個人の開発者がコントリビューションに対して支払いを受けられるサービスだったが、今後はチーム全体が支援を受けられるようになる。

 Lawson氏は、「コーディングをチームスポーツのように考えたい」と述べ、「勝利も敗北もチームのものだ。報酬もチームで受けられる方がいいだろう」と話した。

 GitHubでトップクラスのオープンソースのメンテナーの一部は、GitHub Sponsorsを利用しており、「いつか、コミュニティに恩返しをしながら自活できる」ようにしたいと考えているとLawson氏は述べた。

 さらにGitHubは、GitHub Sponsorsを比較的遅いペースで慎重に拡大し、「人々が長期的な成功に備えられるようにしている」とLawson氏は説明した。出資の決定プロセスについて、透明性を高め、コントリビューターとインサイトを共有することが必要になるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]