Box Japan、iOS向けモバイルSDKを国内で提供開始

NO BUDGET

2019-11-26 18:12

 Box Japanは、iOS向けモバイルSDK(ソフトウェア開発キット)の提供を開始した。

 このSDKを活用することで、ユーザーなどはBox PlatformをiOSに対応したモバイルアプリケーションに統合できるようになる。さまざまなシステムやアプリケーションのコンテンツ管理を簡素化することも可能だ。

 また、Appleの開発言語「Swiftが」用いられており、Cocoapods、Carthage、Swift Package Managerなどのパッケージマネージャーを通じて利用することができる。コードサンプルやレファレンスアプリは全て文書化されている。

 さらにAppleのネイティブiOSファイルビューアー内の共通ドキュメントと画像フォーマットに、Boxが提供する安全なコンテンツエクスペリエンスが適用されるため、金融サービス、医療、教育などでのコンテンツを中心とした企業のビジネスプロセスを強化することができる。

 Boxではモバイルネットワークの遅延時間に関する問題に対応できるよう、アプリケーション性能を向上した。開発部門はネットワーク最適化により、ビジネス上重要なプロセスをモバイル上で中断することなく稼働させることが可能となった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]