テレワーク空間「テレキューブ」にサブスクモデル、普及拡大に弾みか

松岡功

2019-12-05 07:00

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、ブイキューブが提供するコミュニケーションブース「テレキューブ」のオフィス設置用サブスクリプションモデルを取り上げる。

オフィス設置用サブスクリプションモデルを提供開始

 ブイキューブはこのほど、さまざまな場所に容易に設置できるテレワークのためのコミュニケーションブース「テレキューブ」のオフィス設置用サブスクリプションモデルを提供開始した。販売は同社とオカムラが両社の販売網を通じて行う。

 テレキューブは、内部にテーブルとイス、PCが設置されており、セキュリティが保たれた静かな環境で、資料作成やメールなどの業務、電話、ウェブ会議などでのコミュニケーションが行える防音型のプライベートなスマートワークブースである。

 多くの企業において働き方改革が浸透する中で、自宅など社外でテレワークをしている人や顧客とのウェブ会議、また1on1のミーティングを実施するための会議室不足が喫緊の課題となっている。

 これらの課題を解消するテレキューブは、JR東日本や私鉄各社の駅、オフィスビルエントランスなどに公共空間向けモデルの導入が進んでおり、また働き方改革に取り組む企業のオフィス内にはオフィス設置用モデルの導入が進んでいる。

 一方、導入を検討する企業からは、「初期コストがネックになっている」「導入後の利用イメージを掴みたい」といった声もあり、手軽に導入できる仕組みに対する要望が高まっていたことから、オフィス設置用サブスクリプションモデルを提供開始する運びとなった。

 テレキューブは大規模な工事を必要とせず、手軽に設置できるため、オフィスの空きスペースを有効活用できる。サブスクリプションモデルを導入することで、会議室の増築や減価償却コストを抑えることが可能だという。12カ月プランの場合、一人用が税別月額6万9800円から、二人用が月額10万9800円から利用できる。(写真1

写真1:テレキューブのオフィス設置用サブスクリプションモデル(出典:ブイキューブ)
写真1:テレキューブのオフィス設置用サブスクリプションモデル(出典:ブイキューブ)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]