編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

AWSとKDDI、エッジコンピューティング環境を構築--5Gの低遅延サービス実現へ

NO BUDGET

2019-12-09 13:21

 Amazon Web Services(AWS)とKDDIは、AWSの新たなコンピューティングストレージサービス「AWS Wavelength」を用いて、エッジコンピューティング環境を構築する。第5世代移動通信システム(5G)の低遅延サービスの実現が目的だという。

 エッジコンピューティングとは、利用者により近い場所にサーバーやストレージなどの装置を配置してデータ処理する手法。クラウドサービスを利用したアプリケーションと比べて、応答時間の低遅延化や回線帯域の削減が実現するという。より低遅延なサービスを提供する仕組みとして、5Gのネットワークと組み合わせた活用が期待されている。

 KDDIの5Gネットワーク内にAWS Wavelengthを配置することで、アプリケーション開発者は現在利用しているAWSと同じAPI(Application Programming Interface)・ツール・機能を使用しながら、低遅延を生かしたサービスを展開することが可能となる。またKDDIの5Gネットワークを利用する人々は、各種アプリケーションを低遅延で利用することができるという。

 5G時代のエッジコンピューティングは、高精細なXR(VR、AR、MRなどの総称)、VPS(Visual Positioning Service)、スマートファクトリー、建機の遠隔操縦や自動運転などへの活用が期待されている。KDDIは、5GネットワークとAWS Wavelengthを組み合わせることで、これらのサービスの実現に向けた取り組みを加速していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]