編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

米国土安全保障省の幹部、グーグルのクラウド部門の要職に就任へ

Alfred Ng Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2019-12-12 11:27

 米国国土安全保障省(DHS)でサイバーセキュリティ部門の幹部を務めていたJeanette Manfra氏が、2020年1月からGoogleに籍を移すことが明らかになった。

Jeanette Manfra
提供:James Martin/CNET

 Manfra氏は、2018年に行われた米国の中間選挙でDHSのセキュリティ対策を指揮し、米国各地の選挙管理委員会のサイバーセキュリティ対策を統括した人物だ。そのManfra氏のGoogleへの転職はCyberScoopがいち早く報じたもので、その後米CNETもこの事実を確認した。

 Manfra氏はGoogleでセキュリティおよびコンプライアンス担当のグローバルディレクターに就任し、Googleのクラウド部門に新設される最高情報セキュリティ責任者(CISO)部門のプロジェクトを率いる予定だと、Googleでは述べている。

 Googleのクラウド部門の広報担当者が発表した声明によると、Manfra氏は米国時間1月6日からGoogleで業務を始める予定だ。

 Manfra氏は公共部門において、10年以上にわたりサイバーセキュリティの問題に取り組んできた実績を持つ。以前は、DHSの国家保護およびプログラム理事会に属するサイバーセキュリティ通信室で次官補を務めていた。その後、2018年11月に同理事会が国家保護・プログラム総局(CISA)に改組されたのに伴い、Manfra氏はCISAのサイバーセキュリティ担当次長に就任していた。

 CISAは米国では初となる民生部門に置かれたサイバーセキュリティ組織で、エネルギー関連施設や病院といった重要インフラのサイバーセキュリティ対策を統括している。Manfra氏はDHSを退職することを2019年11月に明らかにしていた

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]