編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」
調査

中小企業の25%が「Windows 10」移行に未着手--デル テクノロジーズ

NO BUDGET

2020-02-04 11:40

 デル テクノロジーズは、全国の中小企業(従業員1〜99人)のIT担当者1035人に実施した調査結果を発表した。この調査は2019年12月に実施され、インターネットリサーチによって行われた。

 これによると、約半数の中小企業が「Windows 10への移行を完了している」と回答した一方、約1割が「特に移行は考えていない」と回答したと分かった。

 Windows 10への移行を完了しているのは56%で、現在移行中(15%)を含めても71%という結果となった。一方、移行に未着手という回答が約25%に上り、2020年1月のWindows 7サポート終了時点において、中小企業におけるWindows 10への移行に遅れが出ていると明らかになった。

 また「特に移行を考えていない」と答えた回答者に理由を聞いたところ、56%が「必要性を感じていない」と回答しており、セキュリティ面での知識不足がうかがえる結果となった。

(出典:デル テクノロジーズ)
(出典:デル テクノロジーズ)

 Windows 10への移行方法については、中小企業の半数以上が「PCの買い替え」と回答していることも分かった。OSアップグレードとPC買い替えの併用も含めると約7割に上る。

 また、従業員1~9人の企業での移行状況は「完了済み」と「現在移行中」を合わせても66%で、10~99人の企業が76%という結果と比較しても遅れている状況が明らかになった。理由として「データ・ソフトなどの移行」が22%、「予算」が22%であった。

 またPCを買い替える際、今まで使っていた古いPCの廃棄・処分方法については「そのまま持っておく」を選んだ回答者が32%と最も多かった。理由として「情報漏洩が心配だから」(47%)、「費用がかかるから」(43%)が上位だったという。そのまま持っておく理由として、情報漏えいへの不安や費用の問題に加え、「処分の方法が分からないから」が20%と、PCの廃棄に際してもさまざまな課題が明らかになった。

(出典:デル テクノロジーズ)
(出典:デル テクノロジーズ)
(出典:デル テクノロジーズ)
(出典:デル テクノロジーズ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]