編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

複合機でネットワークセキュリティ対策も管理--リコーとシスコが開発

ZDNet Japan Staff

2020-02-10 15:12

 リコーとシスコシステムズは2月10日、複合機と複合機でネットワークセキュリティ対策を運用管理できる「RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500 Cloud Connect Package」を発表した。14日に受注を開始する。

RICOH IM C3000 Cloud Connect Package
RICOH IM C3000 Cloud Connect Package

 新製品は、リコーの新型複合機「RICOH IM C」シリーズと、シスコのクラウド管理型ネットワークソリューション「Cisco Meraki」をパッケージ化したもの。2019年2月に締結した戦略的グローバル提携に基づいて共同開発した「RICOH 共通ステータスダッシュボード for Cisco Meraki」および「RICOH ゲストWi-Fiジェネレータ for Cisco Meraki」を搭載する。

 RICOH IM Cシリーズに「Cisco Meraki」のUTM(統合脅威管理)を組み合わせ、利用企業のネットワークに侵入を試みる脅威の検知や防御、また、複合機の操作パネルから、ゲスト用Wi-Fi接続などのための時限ワンタイムパスワードを自動生成できる。共通ステータスダッシュボードからは、ネットワーク機器の帯域量や位置情報、複合機での出力枚数や消耗品残量などの一元管理が行える。

 製品の導入から保守までをリコーが提供するとしており、両社ではIT人材リソースの限られる中小企業向けに展開するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]