編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

デル、企業のAI導入を支援する「AI Experience Zone」開設

藤本和彦 (編集部)

2020-02-20 07:00

 デルとEMCジャパン(以下、デル テクノロジーズ)は2月19日、企業によるAI(人工知能)の導入を推進する「Dell Technologies AI Experience Zone」の開設を発表した。AIプロジェクトの開始、要件定義、導入・展開を成功に導くためのサービスを提供する。

 AI Experience Zoneは、都内にある「カスタマーソリューションセンター」内に設置される。AIの導入・展開を簡素化することに大きな重点を置いており、AI分野における同社の経験と知見、技術を顧客企業やパートナー企業に提供する狙いがある。

 ソリューション本部 シニアビジネス開発マネージャの増月孝信氏は会見で「具体的な操作や動作のイメージを体験してもらい、新しい技術を評価する環境を用意する。データサイエンティストやIT運用管理者向けのさまざまなソリューションを紹介しながら、顧客が抱えている課題解決に向けた議論の機会を持ち、グローバルなリソースと連携することも可能だ」とAI Experience Zoneのメリットを話す。

 NVIDIAのGPUを搭載する最新世代のサーバー「Dell EMC PowerEdge」に加え、Intelが開発したオープンソースの深層学習ツール「Intel Nauta」、パートナー企業のソリューション、Dell EMCのネットワーク機器、ストレージ装置などが利用できる。検証期間は2週間程度で、複数の段階に分けて実施するケースもあるという。

AI Experience Zoneで利用可能な機器構成 AI Experience Zoneで利用可能な機器構成
※クリックすると拡大画像が見られます

 最高技術責任者(CTO)の黒田晴彦氏は「溢れ出るデータを資産へ」をテーマに、人や街、家、車などあらゆるところから溢れ出るデータこそが、これからのビジネスを支える重要な資産であり、データの活用力はビジネスの競争力に直結する時代になると説明した。

 その上で、データの収集から加工、分析、活用に至るまでサイエンスライフサイクル全体を体験する場が必要であるといい、AI Experience Zoneがその役割を担うとアピールした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]