編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

電子署名のドキュサイン、「Agreement Cloud」のAI機能を強化へ--Seal Software買収発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-02 10:15

 DocuSignは米国時間2月27日、人工知能(AI)テクノロジーを活用した契約系リーガルテックに注力するSeal Softwareを1億8800万ドル(約200億円)で買収する意向を明らかにした。SealのテクノロジーはDocuSignの「DocuSign Agreement Cloud」プラットフォームとの親和性が高い。同プラットフォームを用いることで、契約文書の準備から、署名捺印、実行、そして契約管理を電子的に行えるようになる。

 SealのAIテクノロジーは、膨大な契約のなかから、キーワードのみを抽出するのではなく、法的な概念に沿った走査を実行し、重要な条項や条件を自動的に抽出して、逐次比較できるようにする。また同社のシステムは、リスクや機会のある領域を洗い出し、行動に結びつけられる洞察を提供するようになっている。

 DocuSignは現在、Sealの主力製品である、アナリティクスおよび機械学習(ML)アプリケーションをDocuSign Agreement Cloudの一部として再販しており、DocuSignのプラットフォームを横断するかたちでSealのテクノロジーをさらに統合していく計画だ。

 DocuSignの最高執行責任者(COO)Scott Olrich氏は、「われわれは、Agreement Cloudの開発企業として、契約とそのプロセス、つまりビジネスを行う上でまさに基礎となるものをデジタルに変革しようとしている」と述べるとともに「われわれは、AIがこの変革できわめて重要な役割を果たすと考えている。SealをDocuSignに統合することで、その奥深いテクノロジーに関する専門性とともに、AIを合意や契約に適用する豊富な経験から生み出される利点を享受できるようになる」と続けた。

 DocuSignは2019年3月にもSealに戦略的な投資を行っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]