編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

エレコム、RPAを「BizRobo!」に刷新--コスト増が課題、年1万時間削減へ

藤代格 (編集部)

2020-03-31 07:15

 エレコム(大阪市中央区、従業員数604人)は、3月からロボティックプロセスオートメーション(RPA)サービス「BizRobo!」を本格導入。180人ほどの札幌営業所の事務処理業務に活用し、従業員の業務削減、働き方の改善を図るという。3月27日、RPAテクノロジーズが発表した。

 2017年からRPAを活用するも、業務、部署を横断したソフトウェアロボットが増加。管理、メンテナンスが限界に達していたという。ライセンスはPC端末ごとのため、活用増に伴うコスト増加も課題だったとしている。

 RPAテクノロジーズのサーバーと認証するだけで大量データやルール、横断的な業務の一括管理、大規模展開ができるというBizRobo!環境に切り替え。基盤となる「ベーシックロボ」をデスクトップ限定で活用可能なスモールスタート向けサービス「BizRobo! mini」を選択したという。

 開発環境へのインストール数が無制限のため、普段と異なるPCでも活用可能。新型コロナウイルス感染拡大に伴う在宅勤務用PCでも従来同様のプロセスで運用できるという。業務自動化の主力ツールとして活用し、年間約1万時間の業務を削減するとしている。

 BizRobo! miniの税別年額利用料は想定で90万円。パートナー企業が提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]