編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
調査

新型コロナウイルスの影響で国内ICT市場は4.5%減に--IDC予測

ZDNet Japan Staff

2020-04-06 06:30

 IDC Japanは4月3日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新状況を考慮した国内ICT市場予測を発表した。2020年の同市場(支出額ベース)は前年比4.5%減の28兆2155億円と予測している。

 今回について同社は、COVID-19の流行が国内外の経済に大きな影響を与えるだけではなく、2021年への東京オリンピック/パラリンピックの開催延期による経済的影響も拡大するとし、2020年に発生し得るリスクなどを考慮して市場動向を予測したという。4月3日の発表時点のCOVID-19の最新状況を踏まえ、6月末前後に感染が抑制され、一部の先進企業を中心にデジタルトランスフォーメーション(DX)の投資が活性化し、景気対策の一環で政府によるICT投資が選択的に行われるという前提により分析したという。

 それによると、製品セグメント別の前年比成長率は、スマートフォン/PC/タブレットなどのデバイスが22.0%減、サーバー/ストレージ/IaaS/ネットワークなどのインフラストラクチャーが1.2%減、ソフトウェアが4.0%増、ITサービスが1.8%減、通信サービスが0.5%減で、ソフトウェア以外のセグメントがいずれもマイナスになるとした。

新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場の前年比成長率(出典:IDC Japan)
新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場の前年比成長率(出典:IDC Japan)

 特にデバイスでは、Windows 7のサポート終了(2020年1月)や消費税増税/軽減税率対応(2019年10月)に伴うPCの入れ替え、駆け込み需要が先にあった。このため、2020年の同市場の成長はマイナスが予想されていたが、同社はCOVID-19によってさらにマイナス幅が拡大するだろうとしている。

 ただし今後の状況次第で、広くDXの投資が活性化すればマイナス幅が3.3%程度にとどまる一方、2021年半ばまで国内外での感染が抑制されなければ6.3%程度になり、さらに膨らむ恐れもあるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]