編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

Zoom、Facebookの元セキュリティ責任者をアドバイザーに

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-04-09 14:51

 Facebookで最高セキュリティ責任者(CSO)、米Yahooで最高情報セキュリティ責任者(CISO)を務めた経歴を持つAlex Stamos氏が、Zoomの社外セキュリティコンサルタントに就任する。

 Stamos氏は先週、Zoomの創業者で最高経営責任者(CEO)のEric Yuan氏から電話を受け、同社のセキュリティに取り組むことになったという。米国時間4月8日に公開したMediumのブログ記事で明らかにした。

 Zoomのビデオ会議ソフトウェアは、Stamos氏が言う一連の「浅いバグ」によりメディアで広く批判された。Stamos氏がTwitterでZoomを擁護する発言をしていたことから、Yuan氏はStamos氏に連絡を取り、社外セキュリティコンサルタントとして同社を支援してほしいと働きかけた。

 不当な批判も多く見受けられていた中、Stamos氏のほかにも、多くのセキュリティ分野の著名人がZoomを擁護している。

 Stamos氏は、従業員やCSOとなるのではなく、アドバイザーとしてZoomに加わるとしている。

 Stamos氏の役割は明らかにされていないが、同氏のブログによれば、Zoomがセキュリティ面で現在直面している難局をくぐり抜け、バグをなくすとともに、安全に利用できる製品を設計する上で支援する指導役のような立場になるとみられる。

 同氏はMediumに、「コンピューター科学を学ぶ学生たちに対し、直前の四半期(最後の2週間では、Zoomの問題を取り上げた)に『Trust and Safety Engineering』の講座で話をしたように、コーディングの欠陥や暗号の問題は重要だが、現実に個人がこうむっている技術的被害の大半は、人々が技術的には正しいが危険なやり方で製品を使用していることによるものだ」と書いている。

 さらに、「Zoomには、中核となるアプリケーションのセキュリティや暗号設計、インフラのセキュリティに関して、やるべき重要な仕事がある。Zoomのエンジニアリングチームとともにこのようなプロジェクトに取り組むことを楽しみにしている」とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]