編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

コニカミノルタ、タスクを「Backlog」集約--可視化で漏れ防ぐ、メールを半減

藤代格 (編集部)

2020-04-22 07:00

 コニカミノルタジャパンのマーケティングサービス事業統括部は、プロジェクト管理サービス「Backlog」を導入。メール、Excelなどで管理するタスクを集約したという。サービスを提供するヌーラボ(福岡市中央区)が発表した。

 マーケティングサービス事業統括部はグローバルのウェブサイト制作、運用、社外向けのデジタルマーケティング支援などを約130人で担当しており、2017年に大規模なサイト改修プロジェクトが発足。従来の1日最大200通ほどのメーリングリスト、専任者によるExcelへの書き出しという進捗管理方法では、膨大な量によるタスクの漏れ、情報共有不足などが懸念されたとしている。

 Backlogにタスクを集約し、担当者を可視化。作業の抜け、漏れ、属人化を防ぎ、円滑、効率的なプロジェクト管理ができているという。

 メンバーのアカウントを削除しても会話や対応履歴が残るため、メールボックスの情報を吸い上げる必要がないという。異動や退職者などの引き継ぎを簡素化し、類似プロジェクトにも活用できるという。事業継続性を確保したと説明している。

 体感値でメールは半減、タスクをExcelへ書き出す専任者、課題管理専用のExcelは廃止できたという。過去メールの確認や担当者への進捗確認など、丸一日かけて準備していた上層部への月次報告準備は1時間に短縮できたという。

各課題の状況がわかるという(出典:ヌーラボ)
各課題の状況がわかるという(出典:ヌーラボ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]