編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Zoom、オラクルのIaaSでサービスリソースを確保

ZDNet Japan Staff

2020-04-29 10:13

 米Oracleは現地時間4月28日、ウェブ会議サービスのZoom Video CommunicationsがIaaSの「Oracle Cloud Infrastructure」を選定したと発表した。

 Zoom CEO(最高経営責任者)のEric Yuan氏は、「最近生じた急激な成長により、サービス提供能力の拡大が必要になった。複数のプラットフォームを調査したが、キャパシティーを迅速に拡張し、新規ユーザーのニーズを満たす上で『Oracle Cloud Infrastructure』が有益であると判断した」との声明を出している。

 新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大する中、1日当たりのZoomの利用者は2019年末の約1000万人から現在は3億人に急増し、サービスリソースの確保が急務になっていた。また、さまざまなセキュリティ上の懸念や指摘も相次いでおり、OracleのIaaSを導入することで、これらの課題を解決する狙いがある。

 Oracleによれば、Zoomは数時間で必要なITインフラリソースの展開を完了させ、数十万ユーザーをサポートしたのを皮切りに、現在は数百万ユーザーの同時利用に対応可能なリソースを確保した。1日当たり7PB(HD映像換算で約93年分)を転送しているという。

 企業向けIaaSではAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloudの上位3サービスがシェアの多くを占める。OracleのIaaSは後発だが、3カ月あまりで30倍も利用者が拡大するZoomの採用事例はOracleのクラウドビジネスにも効果をもたらすことになりそうだ。

Oracle Cloudのデータセンターリージョン
Oracle Cloudのデータセンターリージョン

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]