編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

インテルとペンシルバニア大学、脳腫瘍発見のAIトレーニングで協業

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-12 13:20

 Intelとペンシルバニア大学は米国時間5月11日、29の医療機関および研究機関と協力し、脳腫瘍を検出できる人工知能(AI)モデルのトーレニングに取り組むと発表した。

 脳腫瘍に関する過去最大のデータセットを使い、強力なモデルをトレーングする計画だ。プライバシーを保護する連合学習(Federated Learning)の手法を用いることで、参加組織は患者データを実際に共有することなく、データセットに貢献できる。

 「脳腫瘍の早期発見において、AIは極めて有望だ。しかし、その潜在能力をフルに引き出すには、1つの医療センターが保有する以上のデータが必要だ」と、Intel Labsの主任エンジニアのJason Martin氏は発表の中で説明した。

 医療アプリケーション向けに強力なニューラルネットワークをトレーニングするのは、容易なことではない。医療研究者は、患者情報のセキュリティーとプライバシーを保護しなければならないため、協業的な取り組みにデータをやすやすと提供できないからだ。そのため研究者が利用できるデータセットの規模は、おのずと限定されていた。

 Googleが2017年に発表した連合学習は、分散データに基づいた学習パラダイムのため、こうした問題を回避できる。アルゴリズムモデルは、単一のデータプールに依存する代わりに、複数の拠点で反復的にトレーニングされる。これにより医療分野では、深層学習モデルのトレーニングのために、リソースを出し合いたい病院やその他の組織が、一定のプライバシーを確保できるようになる。実際にデータを共有したり、外部に持ち出す必要がないからだ。

 Intelは2018年に、ペンシルバニア大学の生物医学画像コンピューティング・分析センターと協業を開始し、実際の医用画像の連合学習向けに、最初の概念実証アプリケーションを開発した。そして、連合学習によって深層学習モデルのトレーニングを行い、従来のデータ共有手法でトレーニングしたモデルと比べて99%の精度を実現できることを実証した。

 今回の新しい取り組みはこの研究を発展させたもので、Intelのソフトウェアとハードウェアを使って、連合学習を実装する。同社は、モデルとデータのプライバシーをさらに強化できる方法を用いると述べている。

 参加機関は米国、カナダ、英国、ドイツ、スイス、インドに拠点を置く。第1フェーズには、ペンシルバニア大学病院、セントルイス・ワシントン大学、ピッツバーグ大学医療センター、ヴァンダービルト大学、クイーンズ大学、ミュンヘン工科大学、ベルン大学、キングス・カレッジ・ロンドン、タタ記念病院などが参加する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]