編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オージス総研、従業員のテレワーク環境を「SysTrack」で可視化

ZDNet Japan Staff

2020-05-19 15:30

 レイクサイド ソフトウェアは5月19日、オージス総研が働き方改革に向けたテレワーク環境の構築にIT運用支援ツール「SysTrack」を導入したと発表した。VDI(仮想デスクトップ基盤)環境でのWindows 10移行を進める際のアセスメントツールとして活用したという。

 オージス総研は、大阪ガスの情報システム子会社として培った知見やノウハウを生かし、システムインテグレーターとして外販ビジネスにも事業領域を拡大。テレワークなど多様化する働き方が求められる中、2013年からVDIの本格導入を始め、Windows 7のサポート終了をきっかけにWindows 10の移行に向けた検討を開始した。

 Windows 10では大きな仕様変更があり、Windows 7からそのままアップグレードしただけではVDIとしては使えないという懸念があった。そこでSysTrackをVDIのアセスメントツールとして使って適切なサイジングを実施。2019年12月に1500ユーザーのVDI環境をWindows 10に移行し、全社員にテレワーク環境を提供している。

 オージス総研では、新型コロナウイルス感染症対策として政府からのテレワーク推進の呼びかけにも速やかに対応し、SysTrackを用いて利用状況などを可視化している。今後も、ユーザーのアプリケーションの使用状況などを分析し、新たなIT戦略を検討していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]