アリババクラウド、「ApsaraDB for PolarDB」やWAFサービスなどを国内提供

ZDNET Japan Staff

2020-05-20 14:33

 アリババクラウドは5月20日、データベース「ApsaraDB for PolarDB」、セキュリティ「Web Application Firewall(WAF)」、ネットワーク高速化「Global Acceleration」の各サービスを日本で開始した。

 ApsaraDB for PolarDBは、リレーショナルデータベースサービスである。アリババグループのショッピングフェスティバルでピーク時に毎秒8700万件のリクエストを処理するなどの実績があり、同社の電子商取引(EC)プラットフォームの運用を支える重要な役割を担っているという。

 最大100TBのストレージ容量と最大16ノードのクラスター構成が可能。MySQL、PostgreSQL、Oracle Databaseと互換性を持ち、コンテナー仮想化や共有・分散型クラウドストレージを利用して、CPUやメモリーを容易に拡張できるとしている。

 WAFは、アリババクラウドの社内クラウド・セキュリティ・インテリジェント・コンピューティング機能を活用して、サイバー攻撃やデータ漏えいを防ぐクラウドネイティブのセキュリティサービス。SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)、ウェブサーバープラグインへの脆弱性、トロイの木馬のアップロード、コアリソースへの不正アクセスなど、ウェブシステムを狙った攻撃を防御できるとする。

 同社グループのショッピングフェスティバルでは、プラットフォーム上で行われた全てのリクエストに対してセキュリティチェックを実施。大規模なオンラインショッピング期間中でも、強力な検知能力と弾力性のある技術アーキテクチャーによって、ダウンタイムゼロを実現した。

 Global Acceleratorは、企業のグローバルなインターネット接続をサポートするネットワーク高速化サービスになる。ゲームメーカーやメディア企業は、世界中のユーザーに高速なネットワーク体験と低遅延なデータ伝送を提供できるようになる。サービスは数分以内に有効可能という。

 また、オーディオやビデオなどさまざまなファイルタイプの送信を高速化し、リモート会議やオフィス自動化、ウェブサービス高速化、在宅勤務などにおいて、異なる地域にある多国籍企業のチーム間のコミュニケーションを向上させる。

 アリババクラウド・ジャパンのカントリーマネージャーであるUnique Song(ユニーク・ソン)氏は次のようにコメントする。「当社独自のクラウド製品は、その有効性が実証されており、日本市場でこれらの製品を提供できることを大変うれしく思う。市場を横断する強固な接続性とコンピューティング処理およびデータ分析の負荷に耐える堅牢さを備えた安全で高性能な当社のクラウドインフラストラクチャーにより、パンデミック後のお客さまのデジタルトランスフォーメーション戦略を支援し、日本のお客さまの良きパートナーになれると考えている」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]