NTTデータとマイクロソフト、人材活用や働き方改革支援に向け戦略的協業

ZDNET Japan Staff

2020-06-11 08:39

 NTTデータとMicrosoftは6月10日、企業の人材活用や働き方改革などデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた戦略的協業を発表した。2019年12月にNTTとMicrosoftが締結した複数年にわたる戦略的提携に基づくものとなる。

 協業では、企業顧客のDX推進のために、Microsoft Azureで新たなソリューションとサービスを連携して開発、展開していく。Microsoft 365やTeamsとNTTデータのナレッジマネジメントソリューション「everis knowler」やRPA(ロボティックプロセスオートメーション)ソフト「WinActor」を組み合わせて業務効率化を支援するほか、SAPなどの基幹業務系システムのMicrosoft Azureへの移行やマネージドサービスの提供などソリューション領域も順次拡大するという。

 また、NTTデータ内の業務変革を推進するために、Microsoft 365やTeamsを活用して成果の増大につながる働き方の可視化を図り、ベストプラクティスの共有を進めて組織全体の働き方と社員一人ひとりの生産性向上を目指す。ここで培ったノウハウなど生かし両社で外部の企業顧客にも提案していくとしている。

 人材育成では、Microsoftが手掛けるDXの実績や事例をもとに、NTTデータがグローバルでMicrosoftのクラウド関連認定資格の取得者などを1万人育成する。また、Microsoftが推進する「AI for Health」と連携し、NTTデータが感染症根絶に向けて人工知能(AI)を活用した医療画像診断技術を展開する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]