編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ハンコ撤廃、7割が支持も半数は「容易ではない」--取引先に従わざるを得ない

藤代格 (編集部)

2020-06-16 07:15

 7割がハンコ撤廃を支持するものの、容易ではないが5割――。6月15日、アドビ システムズ(アドビ)がインターネットを活用したハンコの利用実態調査を発表した。対象は従業員300人以下の企業に勤める全国の経営者、役員500人。

 直近1年に実際活用した契約手法としては、ハンコ活用が最多の83%。電子契約が17.8%だったという。

直近1年の契約方法(出典:アドビ) 直近1年の契約方法(出典:アドビ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 ハンコ文化の生産性への影響としては、72.6%が生産性を下げると回答。

生産性への影響(出典:アドビ)
生産性への影響(出典:アドビ)

 仕事でのハンコ活用経験者に慣習を無くすべきかをきいた設問でも、無くした方がいいが74.7%だったという。

慣習をなくすべきか(出典:アドビ)
慣習をなくすべきか(出典:アドビ)

 しかし、過去1年以内の契約取引などへのハンコ活用者に撤廃が容易かを尋ねると、難しいが50.1%。理由としては「取引先の契約方法に従う必要がある」が最多で51.4%。「法的に有効かどうか心配」が30.7%、「セキュリティ上の不安がある」が30.1%と続いたという。「役所の書類には判子が必須」「印紙税の扱いが良く分からない」なども見られたとしている。

撤廃は可能か(出典:アドビ)
撤廃は可能か(出典:アドビ)
難しい要因(出典:アドビ) 難しい要因(出典:アドビ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 アドビのマーケティング本部でバイスプレジデントを務める秋田夏実氏は「自社の判断で大きく舵を切れるのは一部の大手企業に留まり、中小企業の場合は取引先企業との慣習が優先される傾向がある。企業同士における契約書のデジタル化を進めるため、発注側の積極的な電子契約サービスの活用が重要となる」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]