編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

日立キャピタルと日立ソリューションズ、BtoB企業のサブスクビジネスを支援へ

NO BUDGET

2020-07-01 19:32

 日立キャピタルと日立ソリューションズは、BtoB(対法人ビジネス)企業向けのサブスクリプションビジネスを支援するサービスのビジネスモデル策定に合意した。

 両社は与信から契約、顧客管理、課金、請求、回収まで、サブスクリプションビジネスで必要となるバックオフィス業務を一貫して支援するサービスを共同開発し、10月の提供開始を目指している。日立キャピタルは取引先の与信や請求、回収業務のアウトソーシングを行う「HiPaymentサービス」を提供し、日立ソリューションズは顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」を提供する。

サブスクリプションビジネスを支援するビジネスモデルの概要(出典:日立ソリューションズ)
サブスクリプションビジネスを支援するビジネスモデルの概要(出典:日立ソリューションズ)

 日立総合計画研究所によると、BtoB企業によるサブスクリプションビジネスの市場規模は、2018~2023年にかけて、年平均13.4%という高い成長率が見込まれているという。しかしBtoB企業がサブスクリプションビジネスを新たに立ち上げるには、月額基本料金や従量課金の請求・回収を管理するシステムの構築、これまでに経験がない債権の回収業務などが必要となる。こうした実情を背景に、今回のビジネスモデルを策定したとのことだ。

 両社は4月から、HiPaymentサービスとBSSsymphonyを相互販売している。今回の取り組みにより、サブスクリプションビジネスにおける立ち上げのコンサルティングから回収業務まで、業務に精通した人材が一貫して支援するという。

 また協業サービスと並行し、HiPaymentサービスとBSSsymphonyの機能も追加する。例えば、HiPaymentサービスの契約をより効率的に行うためのウェブ契約窓口の開設や、BSSsymphonyのAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)機能の拡充が挙がっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]