編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

JBCC、クラウド運用サービスにコスト最適化機能--パイロットユーザーは25%減

藤代格 (編集部)

2020-07-28 07:15

 JBグループのJBCC(大田区)は7月27日、各種パブリッククラウドのIaaSを運用管理サービスと一緒に提供する「EcoOne」の機能強化を発表した。利用状況に応じてサーバー、ストレージなどの最適な構成案を月次で提案。コストや利便性を適正化するという。同日から提供する。

 「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」「Google Cloud」などのパブリッククラウドの利用状況データを収集、アカウントを横断して管理できる「CloudHealth by VMware」を活用する。

 継続的なモニタリングと自動分析で最適なインスタンスタイプ、サイズ、長期予約などを提案し、オーバースペックのサーバーやストレージを適正化するという。

 パイロット導入ユーザーでは、約25%以上コストを削減したと説明。

 提供価格はパブリッククラウドの利用状況に伴い変動するとしている。

強化機能の概要イメージ(出典:JBCC) 強化機能の概要イメージ(出典:JBCC)
※クリックすると拡大画像が見られます

 EcoOneは、AWSやAzureのほかに「IBM Cloud」を運用管理サービスと一緒に提供している。

EcoOneの概要イメージ(出典:JBCC) EcoOneの概要イメージ(出典:JBCC)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]