編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
PDF Report at ZDNet

「超高速開発」改めローコード開発は次のスタンダードになるか

PDF Report@ZDNet

2020-08-07 06:00

 できる限りソースコードを書かないでアプリケーションを開発するローコード開発が急速に注目を浴びつつある。従来、「超高速開発」と呼ばれていた分野である。

 Gartnerは、2024年までに世界のアプリケーションの65%以上がローコード開発基盤で構築されると予測する。日立建機は、ローコード開発基盤「OutSystems」を導入し、自社生産管理システムの開発・運用コストを削減、開発効率を大幅に向上させた。

 メガバンクの三菱UFJ銀行はバックオフィス業務の効率化に、自動車メーカーのSUBARUが新型コロナウイルス感染症の影響で制限の出たサプライヤーとの情報連携のために導入するなど、日本でも各業種の主要企業が既に利用している。

 ローコード開発は、プログラミングのコードを書かないため、システムインテグレーターのビジネスモデルに影響が出るのではないかとも言われている。MicrosoftやAmazon Web Services(AWS)がツールの提供に乗り出すなど、今後の動きが見逃せない状況だ。

 ローコード開発に関連する記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]