編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

vBulletin、脆弱性対策を回避する問題を報告--攻撃発生も

ZDNet Japan Staff

2020-08-12 10:50

 フォーラムサイト構築ソフトのvBulletinで、2019年に報告された任意のコードを実行されてしまう脆弱性(CVE-2019-16759)への対策を迂回されてしまう新たな問題が明らかになった。この問題を悪用するサイバー攻撃が既に起きているという。

 CVE-2019-16759の脆弱性は2019年9月に発覚し、vBulletinのバージョン5.x~5.5.4が影響を受けるとされ、バージョン5.5.2と5.5.3および5.5.4では脆弱性を修正するアップデートが提供された。

 新たな問題を報告したセキュリティ研究者のAmir Etemadieh氏のブログによると、先に提供されたアップデートは、vBulletinのテンプレートシステムの構造的な特性から適切に機能しない場合があり、攻撃者は対策を迂回し得るという。この問題はバージョン5.6.0、5.6.1、5.6.2に影響するとされ、Etemadieh氏がPoC(概念実証)コードも公表した。

 vBulletinは、8月11日に今回の新たな問題に対処するアップデートをリリースし、ユーザーに適用を呼びかけている。情報処理推進機構(IPA)も同日付で情報を更新し、今回の問題を悪用するサイバー攻撃が既に発生しているとして、早期のアップデートの適用を推奨している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]