ワークデイ、職場のダイバーシティやインクルージョン促す「VIBE」ソリューション発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-09-10 15:59

 財務管理や人事管理のクラウドソフトウェアを手がけるWorkdayは、人事のリーダーが職場における「ビロンギング&ダイバーシティ」(B&D)の取り組みを促進する上で役立つ新サービス「VIBE Central」「VIBE Index」を発表した。企業のダイバーシティ(多様性)やインクルージョンに関するデータやベストプラクティスのコンテンツ、レポートを整理するダッシュボードや、従業員の自然減やリーダーシップ、雇用のギャップなどを確認できるツールを提供する。

 VIBE Centralは、ダイバーシティやインクルージョンに関するさまざまな情報を「Workday Human Capital Management(HCM)」内の1カ所に集め、一元的に管理する。「VIBE」は、「Value Inclusion, Belonging, and Equity(インクルージョン、ビロンギング、公平性の重視)」を指す。

 VIBE Indexは企業のB&Dの取り組みへのフォーカスについて相対的なパフォーマンスを評価する。企業は、B&Dの指標に見られる問題やギャップに焦点を当てられるようになる。

 VIBE Centralでは以下の要素を評価できる。

  • 雇用:雇用のバランスが取れているか、不当に優遇または冷遇されているグループはないかを把握できる。
  • 昇進:昇進のプロセスや後継の育成で、インクルージョンや公平性を評価する指標を確認できる。
  • リーダーシップ:リーダーやマネジメントレベル、後継者育成計画でダイバーシティを実現できているかを確認できる。
  • 人材の自然減:多様な人材の自然減などを把握できる。

 VIBE Indexでは、ビロンギングと公平性を多様性やインクルージョンとともに測定したり、人種や民族、性別、年齢、性的指向、障害の有無、階級、宗教、軍歴、認知的多様性などの個人のアイデンティティのさまざまな要素を利用して、雇用のライフサイクルなどを全体的に把握したりすることができる。また、昇進や機会の均等性、公平性を評価することも可能だ。

 VIBE Centralは9月、 Workday HCMの顧客に追加コストなしで提供される。VIBE Indexは「Workday Prism Analytics」を利用し、2021年第1四半期に一般提供が開始される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]