編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

SAS、新アカデミックプログラムを提供--アナリティクスとデータサイエンス人材の育成へ

NO BUDGET

2020-10-09 17:30

 SASは、アナリティクスとデータサイエンスのスキルを持つ人材育成のため、新しいアカデミックプログラムを提供すると発表した。

 「SAS Academic Specialization」と呼ばれるこの新しいプログラムは、雇用者が求めるSASスキルを持つ人材を育成するために、より多くのオプションを高等教育機関に提供する。同社は、1976年の米ノースカロライナ州立大学との協力関係を皮切りに、世界で300を超えるアカデミックプログラムに協力している。

 同プログラムには、SASとのエンゲージメントのレベルを表す3つの段階(Tier)があり、各段階で独占的な認定試験の準備/割引、SASワークショップ/講演者/人材コネクションのためのSASの顧客への優先的なアクセスなどに違いがあり、それぞれメリットが異なるという。

 同プログラムを修了することで、学生は求人市場での競合優位性を獲得できるとしている。オンラインまたはソーシャルメディアに示すことができる共通のブランドデジタルバッジが与えられ、学習成果を雇用者側がシンプルかつ信頼性の高い方法で簡単に確認できる。

 米サウスフロリダ大学はSASと連携し、医療アナリティクスにおいて、Tier 3のSAS Academic Specializationを開始した。ストーンヒル大学は、データアナリティクスの修士学位プログラムの一部として、SAS Academic Specializationを採用。その他、米テキサスA&M大学、米コロラド州立大学グローバルキャンパス、米ストーンヒル大学なども同プログラムを導入しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]