編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

NTT Com、ローカル5Gの“本命”方式による実証実験を開始

ZDNet Japan Staff

2020-10-13 16:44

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は10月13日、4.7GHz帯(Sub-6帯)のスタンドアロン方式によるローカル5G(特定エリア向け第5世代移動体通信システム)の実証実験に着手すると発表した。用途に応じてさまざまなQoS(Quality of Service)通信を可能にするエンド・ツー・エンドスライシング(E2E)機能などを検証する。

 実証では、スウェーデンのEricssonとアーリーアダプター契約を締結して同社の「Edge Gateway」を導入、NTT Comのラグビーチーム「シャイニングアークス」の練習場となる「アークス浦安パーク」に設置した検証環境を用いて、超低遅延接続の試験を行う。例えば、ラグビーボールを蹴った瞬間にエッジコンピューティング上のアプリケーションと通信し、瞬時に角度や初速度、高さ、飛距離の算出を試みるという。

検証イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)
検証イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)

 5Gでは、電波周波数帯として28GHz帯のミリ波やSub-6帯、基地局などの通信設備として既存の4Gなどと5Gを併用するノンスタンドアロンおよび5G専用のスタンドアロンなどの方式がある。このうちミリ波より電波到達範囲の広いSub-6帯とスタンドアロンによる構成は、超高密度・超大容量・超低遅延の5G通信のメリットを得られる本命とされている。

 またE2Eは、ソフトウェア技術などによって、通信用途に応じた複数の仮想的なネットワーク環境を柔軟に構築できる機能。物理的なネットワーク環境において、例えば、リアルタイム性が要求されるミッションクリティカルなシステム間通信用に超低遅延を重視する環境と、イベント会場など一定の範囲で多数の同時接続が行われる環境を仮想的にそれぞれ構築、運用できる。

 NTT Comでは今後、エッジコンピューティング機能や同社のデータ活用基盤サービス「Smart Data Platform」と連携したローカル5Gの実証実験を展開していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]