編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

マイクロソフトが準備中とみられる「Cloud PC」、新たな情報流出か

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-11-09 11:58

 Microsoftが準備を進めていると報じられている「Cloud PC」サービスの内容に関するさらなる情報がリークされた。Cloud PCは、「Windows Virtual Desktop」上に構築される「Microsoft Azure」のデスクトップサービスだ。

 Mary Jo Foley記者が7月に報じた通り、MicrosoftはCloud PCというブランドで、仮想化された「Windows」PCエクスペリエンスをリリースしようと取り組んでおり、ユーザーが自らのマシンをある種のシンクライアントのように利用し、リモート環境にあるWindowsデスクトップにアクセスして、「Microsoft Office」などのソフトウェアを利用できるようにする手段を提供しようとしている。

 Microsoftは過去の人材募集ページで、Cloud PCによって「モダンかつ柔軟性のある、クラウドベースのWindowsエクスペリエンス」がもたらされ、「組織はよりシンプルかつスケーラビリティーに優れた方法で最新の状態を維持できるようになる」と説明していた。同社はこのサービスをマネージド型の「Microsoft 365」エクスペリエンスとしてユーザー単位の定額料金で提供する予定だとみられる。これは、Azureの使用量を単位とするWindows Virtual Desktopの既存の価格体系とは大きく異なる。

 Microsoftのリーク情報などを提供しているWalkingCat氏(@_h0x0d_)が見つけた新しい詳細情報で、価格については分かっていない。

 MicrosoftはCloud PCの存在を明らかにしていないが、WalkingCat氏が発見したウェブページによると、Microsoftはいくつかのコア製品を開発しており、Cloud PCのコード名を「Project Deschutes」としているようだ。またMicrosoftは現在、この製品を「CloudPC」または「Cloud PC」と読んでいる。

 このリークによると、Microsoftは「Medium」「Heavy」「Advanced」というサブスクリプションを用意している。

 Mediumプランは、仮想CPUが2基でRAMが4GB、SSDストレージが96GBとなっており、「コストと柔軟性を最適化した汎用目的」の製品になっているという。

 Heavyプランは、仮想CPUが2基でRAMが8GB、SSDストレージが96GBとなっており、「パフォーマンスとスピードを最適化した高度なコンピュートのニーズのある」人向けだ。

 Advancedプランは、仮想CPUが3基でRAMが8GB、SSDストレージが40GBとなっており、「スケーラビリティとデータ処理に最適化したアクセラレーテッドグラフィックス」を提供する。

 現在、https://deschutes.microsoft.comとcloudpc.microsoft.comのドメインはエラーを返すようになっているが、「ワークスペースの設定中 - 後でもう一度、自分に割り当てられたワークスペースをご確認ください」とのメッセージが表示されるようだ。

 Cloud PCを利用するには、Windowsまたは「macOS」「iOS」「Android」向けの「Microsoft Remote Desktop」アプリをインストールする必要があり、Windows向けには64ビット版と32ビット版、「Windows on Arm64」版が用意されているという。

 WalkingCat氏はまた、Microsoft Remote Desktopアプリが提供している、Cloud PCのウェルカムページと「My Workspaces」のページの画像も投稿している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]