PDF Report at ZDNET

IT人材不足が継続、DXに取り組む企業は内製化へ

PDF Report@ZDNET

2020-11-17 07:30

 IT人材不足が継続している。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が8月31日に発表した「IT人材白書2020」で、IT人材の「量」への過不足感を聞いたところ、最新となる2019年度は「大幅に不足している」が前年比1.9%増の33%、「やや不足している」が同1.7%増の56%と、人材不足が継続していることが分かった。

 また、人材の「質」について聞くと、最新となる2019年度は「大幅に不足している」が前年比5.7%増の39.5%、「やや不足している」は51%となり、質で見てもIT人材が不足していることが見えてきた。特に、1001人以上の企業に限ると、質に対する不足感がさらに増している。「大幅に不足」が48.3%で、2018年度の38.1%から10.2ポイント上昇となっている。

 背景には、IT人材の構造的な不足状況に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるために、IT業務の内製化を図ろうとしている企業が増えているといった事情がある。

 DXを前提にした場合、求められるIT人材が量と質の両面で増えると考えられており、企業の人材育成、採用などの取り組みが重要となってくる。DXに取り組んでいる企業は、「企画・設計などの上流の内製化」を進めている割合が41.9%と高い。一方、DXに取り組んでいない企業は21.9%と低いだけでなく、内製化を「進めていない」割合が51.9%と高い。

 企業のIT人材活用に関する記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]