編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

味の素、「Adobe Sign」を導入--柔軟な働き方と業務効率化に向けて

NO BUDGET

2020-11-24 07:00

 アドビは、味の素が電子サインサービス「Adobe Sign」を導入したと発表した。

 証跡管理や改ざん防止といった電子契約の強みを活用したリスク管理も実現するとともに、今後は契約締結業務をAdobe Signで運用するため、同サービスの導入を希望する国内外の関連会社への展開も検討していく。

 採用した理由として、味の素は海外における利用実績が多く、34の言語に対応していることなどが挙げられている。また日本国内にとどまらず、海外の拠点でワンストップで使用できるグローバルなシステムであることも採用決め手となった。さらに、世界的に使われているPDFを開発したアドビが提供するプラットフォームであれば、しっかりしたセキュリティやサポート体制が期待できるという理由もあるという。

 味の素では従来、取引先との契約を書面で行っていたが、製本、押印、収入印紙の貼り付け、郵送などのプロセスの非効率性と契約締結までのリードタイムの長さが課題となっていた。また、物理的な押印作業はリモートワーク推進の妨げにもなっており、コロナ禍によりその対策を講じることが急務となっていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]