編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

SAPジャパン、売上高100億円以下の中小企業対象の営業チームを新設 - (page 2)

阿久津良和

2020-12-07 07:00

 藤井氏はS/4HANAの進化にも触れて「最新版は新しいデジタル基盤になるために生まれ変わった。ERPが予測や最適化をレコメンドする世界が実現している」と述べながら、入金消込の自動化や予測分析を利用することで不正に対するアラート精度の向上、調達契約の消化具合を予測することで、事前の契約更改を実現し、在庫転送の遅延状況を予測して生産のリスクを回避するなど、多くの機能を備えたと主張した。S/4HANAは四半期ごとのアップデートを予定しているため、多くの機能は常に改善される。

S/4HANAの進捗 S/4HANAの進捗
※クリックすると拡大画像が見られます

 前述したi-ESMは、ERPに加えて機械学習を活用した人工知能(AI)やロボティックプロセスオートメーション(RPA)などの導入短縮化を目的にしている。i-ESMの中堅企業展開に関しては、組立製造業や自動車部品業、化学といった各業界向けのS/4HANAの導入費用・期間のモデルケースを提示。データ移行サービスも提供する。また、発表済みのパートナーテンプレートモデルを生かして、パートナー独自オプションを加えたサービスを提供する。

 同モデル発表時のパートナー企業は3社だったが、現在はDXCテクノロジー・ジャパン、NTTデータ グローバルソリューションズ、SCSK、SHIFT、TIS、アイ・ピー・エス、コベルコシステム、テクノスジャパン、デロイト トーマツ コンサルティングと10社まで拡大している。

古林紙工 取締役 副社長執行役員 営業本部長 古林雅敬氏
古林紙工 取締役 副社長執行役員 営業本部長 古林雅敬氏

 2020年からS/4HANA Cloudを採用しているという古林紙工(大阪市中央区) 取締役 副社長執行役員 営業本部長 古林雅敬氏が記者会見に登壇。30~40年前から汎用型システムを導入していたものの、日々の伝票処理が難しかったと説明。バッチ処理からリアルタイム処理に移行するには社内開発だけでは限界があったと古林氏は振り返る。

 現在のシステム導入に伴い、業務プロセスの可視化とリアルタイム化に成功したという結果について古林氏は「中小企業は大企業と異なり、時代に流されがち。小さいながらもスピードを生かしてDXに取り組む」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]