編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

清水建設、サーバー型RPA製品を全社展開へ

NO BUDGET

2020-12-23 15:52

 清水建設は、日立ソリューションズの「RPA運用支援クラウドサービス」とオートメーション・エニウェアのサーバー型RPA製品「Automation Anywhere Enterprise A2019」を導入した。11月に全社でRPA(ロボティックプロセスオートメーション)を活用するシステムを稼動させている。

 同社では単純作業やデータ作成・集計作業などの間接業務の15%を自動化する計画で、海外拠点やグループ会社に対しても業務自動化を促進していく。

 同社は、デジタル推進戦略室を中心に「RPA推進チーム」を設置した。開発環境と本番環境をそれぞれ用意し、ワークフローでユーザー部門による利用申請を受け付けるなど、開発プロセスの標準化を実現している。さらに、全社でのロボットの利用用途や開発状況、運用スケジュールが可視化され、センターで効率よく管理することができるようになった。

 また、RPA運用支援クラウドサービスを利用することで、開発プロセスの運用ルールやロボットのサンプル、開発時のFAQなどを全社で情報共有することができるポータルサイトを構築できるようになった。

 Automation Anywhere Enterprise A2019は、管理サーバでロボットを稼動させることができる。これにより管理者は、ロボットの稼動状況を把握できるようになり、トラブルで止まっているロボットに対応したり、空いているロボットを他の組織で動かしたりするなど、稼動率の向上を図ることが可能となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]